短期大学案内

短期大学案内_理事長・学院長・学長メッセージ

理事長・学院長&
学長メッセージ

豊かな人間性を培い、
自立できる女性の生き方を身につけてください。

甲子園学院は、1941(昭和16)年に甲子園高等女学校として創設され、学制改革により甲子園学院中学校・高等学校となり、以降、幼稚園、小学校、短期大学、大学、大学院を設置し関西有数の総合学園として発展してまいりました。創立者(校祖)は男女共同参画社会をこの時にすでに予見し、社会における女性の役割の重要性に着目しておりました。爾来、甲子園短期大学では、この創立者の創設意図に基づき、その教育信条を集約した校訓三綱領である「黽勉努力」「和衷協同」「至誠一貫」を建学の精神として教育の根幹に据え、女子教育の充実と発展に努めてまいりました。
本学では、優しい女性であるとともに至誠の心と協同の社会性を基に、専門的な知識と技能を兼ね備えた自立できる人材の育成を目ざし、教育・研究活動を誠実かつ堅実に積み重ねてまいりました。その結果、多くの優れた人材を世に輩出することができ、社会の各界各方面から高い評価を得ております。
次世代を担う若い皆さんが、本学で学ぶことにより教養を深め、崇高な倫理観と豊かな人間性を養い、社会へ飛翔するための専門性と実践力をしっかりと修得されることを心から期待しております。

甲子園学院理事長・学院長  久米 知子


夢を適職へ!
― きめ細やかなサポートシステムで ―

関西を代表する環境学習都市・西宮市は交通や活動の利便性に優れた地であり、その西宮七園の一つである甲子園の名を冠し、昭和39年4月に“自立し、社会に貢献できる女性の育成”を使命として開学したのが甲子園短期大学であります。
本学は学校法人甲子園学院の校訓三綱領「黽勉努力」「和衷協同」「至誠一貫」を建学の精神に据え、幅広い一般教養と専門的な知識・技能の上に、優しさと思いやりを兼ね備え、誠実に努力を積み重ね、明日の社会の発展に貢献できる人材の育成を教育理念としています。現在の変貌の激しい社会環境にあって学生の希望と目的を育み、その実現のため一人ひとりのニーズに対応するきめ細やかな指導と支援を行っております。
まず、生活環境学科にはライフキャリアフィールドと介護福祉フィールドを新たに設置し、資格取得の選択度を高めました。次に、幼児教育保育学科には教職指導への本学独自のプログラムを用意しております。そして、全学的にこれからの少子高齢化社会での生活及び活動場面への教育と福祉も教育基盤の一つとし、また卒業後の相談体制やキャリアアップなどの研修により学生支援体制を充実させています。
以上の本学の教育内容が適確であることは、教職課程の実地視察及び平成28年度第三者評価機関別評価結果からも確認できるところです。そして、本学の教育成果は、学生の誠実な学修姿勢と100%に及ばんとする高い就職率となっています。
本学での研鑽と人間関係により多くの皆さんが、社会で大いに活躍されることを期待致します。

甲子園短期大学学長  早坂 三郎