学科

学科_幼児教育保育学科

幼児教育保育学科

夢を持って子どもとともに輝く保育者に

幼稚園教諭二種免許と保育士資格の2つが卒業時に取得できるカリキュラムを組んでいます。
子どもの発達支援のための知識と技術を学び、実践力を身につけます。コミュニケーション力、生活力、食育に重点をおき、社会の多様なニーズに応えられる保育者をめざします。
公務員試験にも合格者を出しています。

  • Point1
  • 保育環境を体感する
    幼児の発達にふさわしい保育環境を具体的に学ぶ場として現場を想定した実習室を使用します。
  • Point2
  • ピアノレッスンを充実
    1年目はグランドピアノで個人レッスン。2年目は実習のための弾き歌いや採用試験に向けたレッスンを行います。
  • Point3
  • 多彩な実践授業
    表現力や生活力を高める多彩な実践授業を通じて、保育の現場で期待される実践力を磨きます。

プロに学ぶ特別授業

社会の第一線で活躍する専門の先生方から直接学ぶ授業を重視しています。

講師紹介

氏名 プロフィール 授業ポイント
宮島 隆之

宮島ミヤジマ 隆之タカユキ
(客員教授)

甲子園学院中学校・高等学校校長。本学客員教授。甲子園合唱団指揮者。声楽家。歌劇団でのオペラ公演の他、公演・コンサートに出演多数。高校・中学校等での音楽・合唱指導の経験が豊富で、その指導力には定評がある。 保育士・幼稚園教諭として仕事をするには、明瞭で聞きやすい声で歌えることが大切です。ボイストレーニングをして歌唱力の向上をめざし、あなたの歌声で、子どもたちを笑顔いっぱいにしましょう。
仁木 温子

仁木ニキ 温子アツコ
(非常勤講師)

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。劇団FMCミュージカル主催。甲子園短期大学・大阪城南女子短期大学非常勤講師。ミュージカル・コンサート等の制作・演出・振付を手がけ、ヴォイストレーナー・アクティングトレーナーとしても定評があり、優秀な人材を輩出している。自らもプレイヤーとして活動中。 将来、保育に携わってゆく学生達が身につけて欲しい、人前で「話す・歌う・踊る」事を幼児のための短い音楽劇を創作して発表してもらいます。授業では、5人〜10人のグループに分かれ、台本書き・楽曲選択・歌唱練習・ダンス練習・小道具や衣装の選択及び製作を順に行い、総合的な実践に役立つスキルを自らが楽しみながら体得できる授業を目指します。

ピックアップ授業

  • ◆実習での子どもとの出会い
    幼稚園や保育所の実習は日頃の専門的な学びを実際に確かめる貴重な機会です。
    実習を通して子どもの素直なこころにふれ、かかわる喜びや保育の楽しさを体験します。

    実習での子どもとの出会い

    実習での子どもとの出会い

  • ◆保育援助技術
    慕われる保育者になるための「保育のこころと技術」を高めます。


    保育援助技術

    ◆フィールドワークで学ぶ
    近隣の美術館や音楽ホールでの鑑賞を通して、豊かな感性を育てたり、動物園などに子どもたちの引率の練習に出かけます。

    フィールドワークで学ぶ

  • ◆造形
    多くの素材に出会い、ふれることで、造形に対する表現の幅が広がっていきます。

    造形

    ◆音楽
    歌やピアノ、合奏、ソルフェージュ、リトミックなど、保育者として必要な音楽を学びます。

    音楽

  • ◆自然から学ぶ
    身近な自然と接し、保育のこころに気づきます。

    自然から学ぶ

    ◆身体表現
    子どものこころに響く、イメージ豊かな表現活動を援助する力を身につけます。

    身体表現

実践力を身につける

保育の表現力を高める

  • 【パネルシアター】
    子どもたちの大好きなパネルシアターを学生同士で演じ合って意見を交換し、コミュニケーション能力を高めます。
    バトルシアター
    【ミュージックベル】
    幼稚園や保育所の行事で使われることの多いトーンチャイムやミュージックベルを演奏し、美しい音色やハーモニーをめざします。
    ミュージックベル

宿泊実習で生活力を養う

宿泊実習では生活実習ハウスで2 泊3 日の共同生活を体験します。
衣・食・住の基本的な生活を実践、クラスメートとのふれあいが深まります。生活文化の大切さも学ぶ実習です。

  • 宿泊実習
  • クラスメートとのふれあい