短期大学案内

短期大学案内_学生寮・施設

学生寮・施設

学生寮 STUDENT DORMITORY

安心した学生生活を送れるよう、しっかりとサポートします。

  • 【定  員】 40 名
    【寮  室】 個室(冷暖房完備)
    【主要施設】
    1F:
    食堂、厨房、浴室、トイレ、ネットPC(3 台)
    2F:
    談話室(ミニキッチン)、エレピアン室(4 台)、トイレ、シャワー室
    3F:
    談話室(ミニキッチン)、エレピアン室(6 台)、トイレ、シャワー室
    【入寮費】 60,000 円※入寮時のみ
    【寮費*・食事】 月額52,000 円
    (朝・夕食費、光熱水費、管理費込み)
    *平成29 年度実績です
  • 寮外観

ワンルーム形式の学生用個室40室をはじめ、各階に談話室や作業室、シャワールームなどが設けられています。また、コンピュータ( インターネット可能) も完備し、学習環境も充実しています。寮監が見守る中、安心して家庭的な毎日が過ごせるように充分な配慮がされています。

寮見学・入寮体験もできます。
気軽に短期大学事務局〈TEL .0798- 65-3300〉へご連絡ください。

談話室 作業室
  • 部屋は個室、
    充実したプライベートゾーンが
    備わっています。

    明るいフローリングのワンルームタイプ。
    エアコン完備で快適に過ごせます。
    洗面化粧台もあって忙しい朝にはとっても便利。
    浴室も広く、ゆったり入れます。

  • 個室

短大はもちろん駅にも近いからとっても便利!

学生寮Q&A

  • Q
    寮から短大までの所要時間はどのくらいですか?また周辺環境は?
    A:
    短大まで徒歩3分です。閑静な住宅地の中にありながら、最寄り駅のJR 甲子園口までは徒歩5分という便利さです。
  • Q
    入寮にあたって経費はどれくらいですか?
    A:
    寮費は月額52,000 円(朝・夕食費、光熱水費、管理費込み)です。(入寮時のみ入寮費60,000 円)
  • Q
    設備は、どのようなものがありますか?
    A:
    全室個室で、エアコン完備。快適なプライベートゾーンが備わっていますので、音楽や読書を楽しんだり、勉強に集中することができます。テレビは2 つの談話室に各1 台ずつ、ネットPC は食堂に3 台設置してあり、自由に利用することできます。電子ピアノは22 時まで自由に利用することができます。お風呂も浴槽が広く、ゆったり入ることができ、シャワールームもあります。
  • Q
    寮のセキュリティは万全ですか?
    A:
    門は常時ロックをかけ、寮生のみが自由に出入りできるようになっています。安全管理のため、門限を22 時に設けています。
  • Q
    寮の見学や体験入寮をすることができますか?
    A:
    随時受け付けています。ご希望の日時を、甲子園短期大学入試相談室(TEL .0798- 65-3300)までご連絡ください。なお、オープンキャンパスの前後の日程で入寮体験(母親・姉妹も可)もできます。費用は食費のみで泊まれます。お気軽にお申し出てください。

生活実習ハウス

新しい出会いと生活実践の場、生活力を養います。

耐震性の高い構造、バリアフリーの廊下、システムキッチンを備えた設備の中で、衣食住などの生活マネジメントとコミュニケーションの力を磨きます。

  • 3F 宿泊室(6室)/教材庫/浴室/脱衣所/ランドリー
    宿泊室には、日常生活が送れるよう机、洗面台、タンス、エアコンがあります。浴室は手足が伸ばせる大きな浴槽があり、くつろげます。
  • 2F 演習室/和室(2間)/ダブルキッチン/リビング/ダイニング
    ダブルキッチンはグループでの料理づくりも余裕の広さです。ダイニングではみんなで食事をしたり、ミーティングをしたりと楽しく過ごします。
  • 1F 介護実習室(ベッド/バリアフリートイレ/入浴設備/各種介護用機器)
    介護技術の習得の場として、明るく清潔で多くの介護用品や福祉機器を備えています。在宅介護を想定した和室や、外出介助の練習ができるエレベーター設備もあります。

イネーブルガーデン

自分の可能性を発見できる花と緑のガーデン。
心も癒されるすばらしい空間です。

「イネーブル」とは「可能にする」という意味。
子どもから高齢者まで、さまざまな人がこの庭で園芸活動を楽しみ、自分の新しい可能性を見つけてほしいという願いが込められています。

  • 園芸療法士はここから生まれます
    園芸療法士をめざす学生を中心にさまざまな授業で花や野菜を育てます。季節ごとに咲く花を知 り、珍しい植物に出会える。そんな素敵な経験ができます。
  • フィールドワークの出発点
    身近にある施設であることを生かし、園芸だけではなくいろいろなシチュエーションを想定して学習を深めます。
  • クラブ活動の場として
    園芸部が部活動の一環として植物の手入れをしています。西宮市のフラワーフェスティバルで「市長賞」を受賞するなど学外での活動の幅が広がっています。

ART MUSEUM

美術資料館 久米アートミュージアム

甲子園学院創立60 周年を記念して平成13 年に完成。
古今東西の芸術作品が多数展示されています。